先生

歩行にも関わるヘルニア手術は名医に依頼するべき

気をつけたい職業病

にっこり

長時間、同じ姿勢を保つことを長期間強いられる人は、下肢静脈瘤の発症リスクが高くなります。予防には、ふくらはぎのストレッチが有効です。発症すると治療が必要となりますが、最も簡単な治療は外来で行われる硬化療法です。それ以外は手術となりますが、決して体に大きな負担がかかる手術ではありませんから安心です。

詳細を読む

通うのに便利

病院

透析は腎臓などを悪くした人には欠かすことができないものです。しかし、病院までの送迎が負担になるために送迎付きのプランを用意している病院がいくつかあります。やり方は病院によって異なるために事前に相談することが大切です。

詳細を読む

正しい治療で改善する方法

女性

正しい治療法補で快適

椎間板ヘルニアになると、立っているだけでも苦痛になり、手や足がしびれたりして最悪の場合は歩行困難になります。高齢になる事で、体重を支える筋肉が弱くなり腰に大きな負担がかかってくるのでヘルニアが悪化する原因になります。ヘルニアの痛みを和らげるために、コルセットを巻いたり腰をかばうように生活していると次第に、膝や足に負担がかかって他の部分を傷める原因にもつながります。ヘルニア手術をして根本的に治療する事が大切であり、正しく医師に診断してもらう事が重要になります。ヘルニア手術の名医であれば、どの部分に負担が大きくかかっていてどのような方法で手術をすれば今後の生活に支障が出にくいかを判断する事が出来ます。

各個人に合わせた治療

ヘルニア手術には2種類あり、椎間板を除去して上下の骨を繋げる方法と飛び出た髄核を取り除く方法があります。ヘルニア手術の名医であれば、その人の状況に合わせた治療法で施術をする事が出来ます。手術の方法には、レーザー治療や内視鏡による手術、椎間板粉砕切除術などがあります。レーザー治療の場合には、椎間板の中にレーザーファイバーを刺し込んで照射し髄核を蒸発させます。この方法では椎間板を元に戻す事が無いので、リハビリが必要なく短期間で治療を終える事が出来ます。内視鏡手術の場合は、モニターを見ながらの挿入された手術器具によって髄核を除去します。名医と呼ばれる人はこれらの作業をスムーズに行う事が出来るので、ヘルニア手術をする際には名医のいる医者に通院する事で安心して治療を受ける事が出来ます。

どういうものか

レディー

在宅医療と往診を混同していることもあるので、その違いを理解した上で、適した方を選ぶようにしたいです。世田谷区などで在宅医療を希望するとメリットは多く、患者さんがリラックスして治療を受けられたり、費用が安く済むなどが挙げられます。

詳細を読む